HOME

宮城県の遺産

日本一長い運河「貞山運河、北上運河」(石巻市〜岩沼市)

 江戸初期から明治初期にかけて、宮城県の松島湾から仙台湾沿いに阿武隈川河口を結んで整備され、これによって物資は太平洋の荒波を受けずに運ばれるようになった。貞山とは伊達政宗の死後のおくり名で、この堀は伊達政宗が掘らせた。「貞山運河」の名は明治になってから名付けられた。
北上川から阿武隈川まで結ばれたのは明治時代。
 幅平均18m、水深1mの運河が36kmつらなり米の運搬などに使われていたが現在は使われていない。
 野蒜港から東名運河を通じて松島湾に至り、湾を横断して貞山運河に入り、阿武隈川から福島県に達するルートである。現在、狭義としての貞山運河と呼ばれるのは塩竈市牛生から岩沼市納屋にかけての全長28kmだが、さらに北の船運との関連性の強い北上川河口以北に伸びる北上運河と東名運河を含めると総延長約50kmに及ぶ