HOME

宮城県の遺産 
遠見塚古墳
・場所:仙台市若林区遠見塚1丁目
・説明:昭和43年に国の史跡に指定された前方後円墳。
 東北地方で五番目の規模、名取市の雷神山古墳についで、 宮城県内では第二位の規模、  主軸長110m、後円部の径63m、前方部の幅37m、後円部の高さ6.5m、前方部の高さ2.5mである。前方部が 後円部に比べ著しく低いのが特徴であり、周囲には幅10数m〜40数mの、不規則な形の周濠が巡っている。
 5世紀頃のものとみられている。
 国指定 記念物 史跡