HOME    top

「貞山運河、北上運河」
 江戸初期から明治初期にかけて、宮城県の松島湾から仙台湾沿いに阿武隈川河口を結んで整備され、これによって物資は太平洋の荒波を受けずに運ばれるようになった。貞山とは伊達政宗の死後のおくり名で、この堀は伊達政宗が掘らせたと云われる。
 
北上川から阿武隈川まで結ばれたのは明治時代。
 幅平均18m、水深1mの運河が36kmつらなり米の運搬などに使われていたが現在は使われていない。現在は流域市民の憩いの場、釣り場として利用されている。
 
野蒜港から東名運河を通じて松島湾に至り、湾を横断して貞山運河に入り、阿武隈川から福島県に達するルートである。現在、狭義としての貞山運河と呼ばれるのは塩竈市牛生から岩沼市納屋にかけての全長28kmだが、さらに北の船運との関連性の強い北上川河口以北に伸びる北上運河と東名運河を含めると総延長約50kmに及ぶ、日本一長い運河と言われている

 仙台市内における貞山運河は行政区分上「河川」として位置付けられている。この水路の水辺をたどって見るとプレジャーボートの船溜まりや、農業用水路として活用されており、さらに水辺環境の体験型学習の場としての整備が期待されている。
 



石巻市


北上川運河交流館
N38°26`36.67゛E141°17`48.35゛日本測地系


石井閘門
N38°26`37.15゛E141°17`40.84゛日本測地系



石井閘門から


石巻市内の北上運河
N38°25`38.56゛E141°16`12.06゛日本測地系




東松島市 旧鳴瀬町


東松島市野蒜築港跡 新鳴瀬川架橋橋台


鳴瀬川河口


東名運河(東松島市野蒜から東名)
明治17年(1884年)竣工、延長3.6㎞
野蒜築港資料館と東名運河水門



貞山運河(塩竈市・七ヶ浜町・多賀城市・仙台市・名取市・岩沼市)
仙台港南の蒲生の貞山運河






仙台市若林区荒浜




NHKイナサから


NHKイナサから


若林区藤塚地区



若林区藤塚地区 向こうは名取川







名取市閖上


広浦