HOME    top

仏ヶ浦とニホンザル
・場所:青森県佐井村
・説明:風雪厳しい津軽海峡の荒波が削り上げた大自然の造形、仏ヶ浦は冬の厳しい姿と夏の穏やかな姿の両方を持っています。
 2Kmに及ぶ奇岩の連なりは、心に様々な造形を結んでくれます。
 如来の首・五百羅漢・極楽浜などの名称が付けられその総称が仏ヶ浦なのです。
 仏ヶ浦には佐井港から船で30分のコースと役場を起点に車で40分のコースがあります。
 「文HPから引用」



仏ヶ浦




下北半島に生息する野生の日本ザルは、「北限のサル」