HOME    top

さんさ踊り
・場 所:岩手県盛岡市
・踏査日:
・説明:さんさ踊りは藩政時代から受け継がれた踊りで、その起源は「三ツ石伝説」に由来し、今ではすっかり盛岡の夏のメインイベントとして市民の中に定着しました。
 太鼓は日本一の1万2千個、笛は2千人で参加者総数は3万6千人を数えます。市内の目抜き通りを揃いの浴衣姿の群舞が続々と繰り出す様は、まさに迫力満点。観客が自由に参加できる輪踊りもあります。日中は市民文化ホールで行われる伝統さんさ競演会が人気です。