HOME    top

八幡平と名湯(玉川・後生掛・藤七)
八幡平
・場所:
・踏査日:
・説明:


名湯 後生掛温泉
・場所:
・踏査日:
・説明:アスピーテライン沿いにある後生掛温泉は昔から「馬で来て足駄で帰る後生掛」と昔から言われている名湯である
秋田県鹿角市八幡平 後生掛温泉

名湯 藤七温泉
岩手県松尾村 藤七(とうしち)温泉彩雲荘は
八幡平山頂から岩手県側に少し下がった高山の秘湯である。
八幡平にはいくつかの温泉があるが、
藤七温泉は海抜1400mと最も高いところにある

名湯 玉川温泉
秋田県田沢湖町 玉川温泉
岩盤浴 日本屈指の強酸性の泉質玉川温泉を湯治場として開発したのは、
地元の関直右衛門氏です。
直右衛門氏自身が長年皮膚病に苦しんでいたため、
病弱な人々の湯治場にしようと考えたといわれています。
やがて、昭和26年には角館―花路線バスが開通。
不便だった交通路も改善され、様々な病気に効果があるという噂を聞きつけた人々が全国各地から訪れるようになったのです。