HOME    top

伊豆沼・内沼と渡り鳥
・場 所:伊豆沼:登米市迫町、栗原市築館町・若柳町
     内 沼:登米市迫町、栗原市築館町
・踏査日:2005.1.30、2005.8.7
・説 明:伊豆沼は面積287ha
 低地にある淡水湖としては、県内最大、東北地方でも陸奥の小川原湖に次ぐ大きさを持つ湖沼です。
 伊豆沼でしか見られない鳥の代表が「ガン」です。
 マガンの越冬地として有名、冬になると、約4万羽のガンが日本へやってきます。
 その約80パ−セントが伊豆沼で冬を越します。
 これまで日本で記録された9種類のうち7種類のガンが渡来します。



迫町


2005.8.7ハス祭り 迫町






@迫町 野鳥観察館
 野鳥観察館は12基の固定望遠鏡を備えてあり、お気に入りの水鳥をゆっくりと観察することができます。










A 迫町サンクチュアリセンター
 伊豆沼・内沼に棲む生物を淡水魚中心に紹介する施設。観光水槽や野 鳥を紹介するバードギャラリー、展望ホールなど、自然観察の拠点







B サンクチュアリセンターつきだて館(内沼)
 (昆虫館 世界中の蝶や伊豆沼・内沼の自然と沼に棲む昆虫達の標本展示室などがある)
 開館時間:0900〜1630
 休館日:毎週月曜日 年末(12/30〜31)
      国民の祝日 月曜日にあたる時は、その翌日も
 入館料:大人100円(2005.1.30は無料でした。)





E141°05`07゛N38°42`39゛※警戒心全くなし







E 伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター
(若柳町)
 伊豆沼・内沼の豊かな自然に触れることができる野鳥と植物のライブラリ−です。
 
展望室からの眺めは抜群で野鳥観察に最適。テ−マ展示室、映像展示室のほか、実験室や研修室も備えています。
 夏にはハスの花が湖面を埋め尽くし、そのスケールは東洋一といわれています。
 8月中旬にはハス祭りが開催され、観光用の小舟も漕ぎ出されます。ハクチョウの観察なら11〜3月ごろ、ガンは9月中旬〜2月ごろに飛来します。
 軽食喫茶室は、自然観察の合間のスポットです。
 平成14年4月から入館料が無料となりました。