HOME    top

塩竃神社・塩竃サクラ
塩竃神社
・場 所:・場所:宮城県塩竈市一森山一番一号
・説 明:創建は、平安時代初期
右宮・左宮


頭貫・木鼻・紅梁






蛙股














妻飾:懸魚・破風




本殿:鬼瓦 千木



別宮


木鼻








蛙股




妻飾:懸魚・破風


本殿 鬼瓦 千木 鰹木


本殿 いの目懸魚


幣殿(へいでん)



裏坂(女坂)東参道鳥居




東参道鳥居UP


志波彦神社前の鳥居


東参道鳥居


表坂(男坂)鳥居(国指定 有形文化財)


七曲坂 道標


高低几号標柱
明治元年水準測量に伴い設置


いぼ神様のケヤキ 樹齢400年


欅の根元の湧き水
割り箸で清水をすくって付けるといぼに効くと信仰されている。


塩竃サクラ
鹽竈桜(国天然記念物)
 花はうすい紅色で一つの花に50もの花弁がつき、めしべが緑色の小さな葉に変化する。
5月初旬に満開となる。かつての鹽竈桜(昭和15年国の天然記念物に指定)が昭和32年ごろ枯死し、その後保存会の方が接木し育ててきたものが、鹽竈神社の塩竈桜として昭和62年に天然記念物に再指定された。

 樹齢:28年、樹高:7m
 直径:0.7m
 所有者:塩竃神社、指定状況:国天
 接ぎ木クローン2世、花弁40から50枚