HOME    top

払田柵跡
・場所:
・踏査日:
・説明:払田柵跡 秋田県仙北郡仙北町払田・千畑町本堂城回仙北平野のほぼ中央、真山・長森の二つの小丘陵を中心に、北側を矢島川、南側を丸子川に囲まれた、古代の建造物の遺構を残す城柵です。この城柵は、歴史資料に記載がなく、所在地に大字名と遺跡の特徴に基づいて、名付けられました。 この遺跡は、東西約1,370メートル、南北約780メートルの長い楕円形の形状で、長森を中心とする内郭と、二丘陵を取り囲む外郭からなっています。 昭和5年の発見以来、同49年の発掘調査の結果、外郭には東西南北の四門があり、外郭線は角材を隙間なく打ち込んであったようです。内郭には、東南北の三門がありました。内郭線は角材別・築地塀・石塁が連続する構造でした。長森中央部には、板塀で囲まれた掘立柱建物群があり、建て替えが行なわれていました。ここには、正殿・東脇殿・溝・櫓の遺構が確認されています。これらの建造物の配置形式と造営技術は、律令制官庁様式に基づいていることが明らかになりました。また木簡や出土品から、平安時代の行政軍事のための地方の役所であったことが証明されています。
まぼろしの柵といわれた平安時代の城柵