HOME    top

田麦俣多層民家
・場所:山形県朝日村田麦俣
・踏査日:
・説明:田麦俣は六十里街道の宿場で、江戸時代に湯殿山への参拝客でにぎわった。
 豪雪地帯の風土に耐えるように設計された3階建ての民家は、その形から兜造りと呼ばれている。
1階が居住用、2階が作業場・物置場、3階が養蚕に使用されていた。
 田麦俣に現存する兜造りは、「旧遠藤家住宅」と「かやぶき家」の2軒のみ。